【皐月賞】◎ラーゴム

想定馬場、展開、ペース

馬場状態:良~稍重
展開:良馬場に回復しても時計は掛かりそう。逃げるのは大外を引いたレッドベルオーブかワールドリバイバル。絶対に逃げたい馬がいないので、ハイペースにはならないと思う。あるいは一頭だけ掛かり気味に飛ばしてその馬だけハイペース、2番手以降はスローペースの展開。
61.0-60.0(ややスローペース)

予想

◎⑨ラーゴム
きさらぎ賞で馬場の悪い内目を通って粘り込んだしぶとさは本物。京都2歳で負けたときも止まった訳ではなく切れ負けの形。今回のような時計のかかる馬場で持続力の問われる条件はベストだと思う。

○⑧ダノンザキッド
前走は動き出しが遅く、直線もなかなか加速できなかったが休み明けで発汗もひどかったので言い訳はできる。ちゃんと仕上げて早めにポジションを上げてくれれば3着は外さないはず。

▲③ステラヴェローチェ
前走は完全に切れ負け。時計のかかる中山ならあまり気にしなくていい。吉田騎手はここでも結果を出せればローカル番長から成り上がりが見えてくるから気合も乗っているはず。

△⑦エフフォーリア
1分58秒くらいの高速馬場なら良かったんだけど、この馬場はどうか。普通にこなして1着の可能性もあるので消すことはできないが、人気ほど信用はできない。

△⑬タイトルホルダー
楽に逃げたら直線で瞬発力を見せるクロコスミアみたいなタイプ。今回もスローで先行できたら良いんだけど断言はできない。

△⑭アサマノイタズラ
前走は勝てそうな手応えで抜け出すも先頭に立ってからソラを使って、勝ち馬に差されてからまた走る気を見せたように見える。なので勝ちに等しい内容だったし、馬場がまた悪くなりそうなのも運が向いた。

印の回らなかった馬たち

①アドマイヤハダル
馬場の悪い内に入ったときそれをこなせるか未知数。その割に人気しているので買いたくない。

②ルーパステソーロ
さすがに地力がたりなと思う。

④イルーシヴパンサー
②ほどではないがやはり地力が足りない。

⑤ヴィクティファルス
この馬場ならアサマノイタズラと同等の評価。こっちの方が人気なのでアサマを選んだ。

⑥ヨーホーレイク
前走はラーゴムと際どいレース、ホープフルでも差してきているし実力はある。ただしG1では実績のない騎手なので上手く乗ってくれないと思う。

⑩シュヴァリエローズ
中段から行くとして人気よりは上位に来そう。一発狙うなら前に行くべきだと思うけど、三浦騎手はそんな博打はしないはず。

⑪ディープモンスター
例年のすみれS組よりは強いと思う。ただし出遅れ癖があるので買いたくない。

⑫ワールドリバイバル
ここで馬券圏内に来れるならスプリングステークスのときもっと上位に来れたはず。

⑮グラティアス
同条件の京成杯を勝っているが、あのときは最内が上手く開いていたし、2,3着馬もその後イマイチなので疑ってみる。

⑯レッドベルオーブ
かなり気性難の馬なので本当に逃げる気なのか気になる。逃げまで行かなくてもスムーズに内に入れたら怖い。ただし掛かって自滅する可能性も高いので判断に困る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました