【天皇賞】◎カレンブーケドール

想定馬場、展開、ペース

馬場状態:良(やや高速)
土曜日の稍重のストークSで1.33.1、明日は雨は降らないようだし良馬場のそこそこ時計が出るくらいまで回復すると思う。
展開:逃げるのはディアスティマ。シロニイ、ジャコマルも序盤は抵抗するだろうがテンの速さでかなわないのですぐ諦めると思う。先頭を取ったら松籟Sのときみたいに中盤で息を入れて置きたいところだが、G1でやらせてもらえるかどうか。
60.0-60.0(平均ペース)

予想

◎③カレンブーケドール
牝馬には厳しい条件だが、このメンバーなら行けるんじゃないかな。ある程度どんな条件でも走る馬だが、ベストはオークスのときみたいな高速馬場で12秒以下のラップを淡々と刻むような展開だと思う。ディアスティマもそういうレースにしてきそうなので条件は向きそう。

○⑤ディアスティマ
3勝クラスとはいえ同じ条件のレースを優秀な時計で勝っているのは心強い。北村騎手も天皇賞で2年連続穴馬を連れてきているので信頼できると思う。ただし人気し過ぎなのでペースを落としたいタイミングでプレッシャーをかけられて潰される可能性もある。

▲②アリストテレス
前走は坂の辺りでレースを投げ出したように見えた。適正どうこうよりも気分屋なのが問題かもしれない。ちゃんと走れば多分強いはずなので。

△①ワールドプレミア
1年ぶりのジャパンカップからじわじわ復調してきている。ただし菊花賞以外は中段から差を詰めて上位までといった感じで勝ち切るイメージが沸かない。菊花賞のときみたいに内で完璧に立ち回らない限り今回も2,3着までかな。

△⑫ディープボンド
前走は圧巻の強さ。レパパレの件もあるし世代でまとめて評価するのは良くないと分からせてくれた馬。ただしこの馬が高速馬場でやれるのかは未知数。

△⑰オーソリティ
初の関西でどうなのかという不安もあるが、軽い馬場で走るのも事実なので相手には入れたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました