【根岸S】◎コパノキッキング

想定馬場、展開、ペース

馬場状態:良
展開:ダートの短距離にしては珍しく逃げ候補が少ない。ヨシオかドリームキラリの2頭だが、ヨシオの方がテンが早い。しかし逃げにこだわるのはドリームキラリの方で少し競り合うかもしれない。
35.5-36.0(平均ペース)

予想

◎5コパノキッキング
去年の根岸Sから2キロ増えて、58キロにになるがそれでも強いのはカペラSでも見せた通りで大きく崩れるシーンは考えにくい。

○3ミッキーワイルド
こちらも人気馬だが、得意なコースで56キロで走られるんだから、高い評価をせざるを得ない。

▲4ワンダーリーデル
前走は距離が長かったことに加えて、コーナーで外を回して末脚を削がれてしまった。今回は得意な条件で、内枠で詰まらせることがなければかなりの確率で伸びてくるはず。ちょっと陣営が弱気な発言なのが不安ではあるが。

△6ワイドファラオ
この馬も前走は距離が長かったし、外枠なのも良くなかった。距離短縮はプラスだが、芝のG2を勝っているせいで斤量58キロというのがちょっと不安。

△7スマートアヴァロン
8歳にして重賞初挑戦という珍しいタイプだが、オープン戦では斤量58キロでも毎回確実に末脚を伸ばしてくる。霜月Sではミッキーワイルドにも際どく迫っていたし、重賞でも十分通用する。

△16ドリームキラリ
去年の春まではハイペースで逃げてしぶとく粘る逃げ馬だったが、その後調子を崩す。衰えたかと思ったが、前走は4着に粘って復活の気配が見えたので抑えておく。同型が少なめなのもプラス。

コメント

タイトルとURLをコピーしました