【レース回顧】阪神JF

阪神 1,600メートル (芝・右外 ) 良
1.32.7 45.5 -47.2 -1.7 ハイペース

予想とはぜんぜん違う展開になったが、そもそも阪神JFで超スローペースになった事がほとんどなかったので、ちょっと無理のある展開予想だった。

1着 4レシステンシア  北村 友一
テンの3Fが33.7でその後11.8-12.0とペースを落として直線へ。並の馬なら直線で捕まるところを11.2と再加速して圧勝。
こんなに強いとは思ってなくてびっくり。来年の桜花賞とNHKマイル最有力に躍り出た。

2着 9マルターズディオサ  田辺 裕信
スタートを決めて積極的に先行して、クラヴァシュドール、ウーマンズハートを振り切って2着。普通に強い競馬をしている。この馬はサフラン賞のように出遅れて後ろからになってもそこそこ良い足を使って差し切りと自在性があるのが魅力。ただしバランスの良い善戦マンになりそうな気もする。

3着 10クラヴァシュドール  藤岡 佑介
良いスタート決めるも抑えて中段から。直線は外から伸びて、残り200までは良かったものそこから伸びが鈍り3着。
3着確保で最低限の仕事はしてくれた。レース前から汗が目立ちちょっと入れ込んでいたように見える。その割にはよく頑張っている。

4着 3ウーマンズハート  W.ビュイック
スタートから押して先行したものの、直線は伸びきれず4着。
今まで超スローペースのレースしか経験していないわけでむしろよく頑張ったと思う。ただやはりスローペースの方が良いと思うし、休み明けで+14キロの影響もあったかもしれない。

6着 15リアアメリア  川田 将雅
今回はペースが速かったおかげか、かかりはしなかったものの直線は伸びず6着。
直線全く伸びなかったのは気性的な問題か、道中ゆっくりと流れてくれないとだめな中長距離馬なのか。今の所わからない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました