【マイルチャンピオンシップ】◎ダノンキングリー

想定馬場、展開、ペース

馬場状態:良(標準馬場~やや高速)
展開:逃げ馬の予想が難しい。この距離では出足遅めのマイスタイル、前走何故か控えたグアンチャーレ、この2頭どちらも微妙なので、ダノンプレミアムが逃げる可能性もある。
47.0-46.0(スローペース)

予想

◎1ダノンキングリー
京都の外回りは合流地点で内が空くので最内枠引けたのは大きい。前走は出遅れから直線だけで、アエロリットとインディチャンプを差し切る。古馬のトップクラス相手でも通用することが分かったので、後は出遅れと初輸送がどう出るかくらい。

○14ダノンプレミアム
ダノンーダノンになってしまうが、元々天皇賞よりもこっちに行ったほうが良いと考えていたので仕方ない。マイラーズカップの時のような超スローペースになってくれれば、瞬発力の違いでキングリーより強いと思う。

▲8プリモシーン
もっと高速馬場なら良かったが、それでも人気落ちしすぎている印象なので買いたい。前走はやや負け過ぎだが、明らかに余裕のある体重で叩き台の仕上げだった。VMではノームコアと互角のレースができているわけで、ちゃんと仕上げているなら牡馬の一線級相手でも通用すると思う。

△3マイスタイル
グアンチャーレと迷った。この馬かグアンチャーレのどちらか前に行けた方が粘り込む可能性があると思っている。

△5インディチャンプ
毎日王冠を叩いて上積みが見込めるし、京都が悪いとは思わないが、池添騎手がちょっと不安。中段よりちょっと前のそこそこ良い位置を取れるのだろうか。

△7ペルシアンナイト
前走は切れ負けしたが、元々高速馬場はあまり実績がないので仕方ない。マイルチャンピオンシップは相性が良く、毎年ここで巻き返しているので抑えないわけには行かない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました