【レース回顧】福島記念

福島 2,000メートル (芝・右 ) 良
1.59.5 59.2 -60.3 -1.1 ハイペース

1着 10クレッシェンドラヴ  内田 博幸
普段より行きっぷりが悪いが押して押して中段を確保。この判断がなかったら取りこぼしもあったので良い判断だった。3,4コーナーで押し上げてその勢いのまま伸び切って勝利。
オールカマーも不利さえなければと言った感じだったし、調子落ちさえなければそりゃ勝つよねという印象。ただ今回の行きっぷりの悪さからじわじわと疲労が蓄積してるかもしれない。

2着 9ステイフーリッシュ  中谷 雄太
今後もG3なら無条件で抑える、G2ならメンバーのレベルを見て抑えるでいいと思う。

3着 12ミッキースワロー  菊沢 一樹
トップハンデだったし、一番外を回す展開も厳しかった。仕方のない3着。

4着 15ウインイクシード  松岡 正海
強気の4角先頭からちょっと足りなかった。今後、中距離のG3なら怖い存在になった。

5着 5レッドローゼス  田辺 裕信
それほど悪いスタートではなかったら抑えて最後方から。3コーナーでは外からまくるか内から捌くか迷っている内に手遅れになり、結局外から差を詰めるだけの5着。
下手と言うしかない。

6着 6デンコウアンジュ  柴田 善臣
包まれて動けない厳しい位置だったが、直線の伸びも物足りなかった。2000mはちょっと長いし、牡馬混合戦も良くないということか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました