【菊花賞】◎ヴェロックス

想定馬場、展開、ペース

馬場状態:良~稍重
展開:逃げるのはシフルマン。ナイママがやけくその大逃げを打つかもしれないが、基本的にはペースは上がら無いと予想
61.5-60.0(スローペース)

予想

◎13ヴェロックス
掛かる気性なので外枠は不利とか、ジャスタウェイ産駒なので長距離苦手とか言われているが、ダービーであれだけやれたのに3000mで止まるとは思えない、前走のように慎重に乗り過ぎると切れ負けするかもしれないが、流石に川田もここでは強気にロングスパートに持ち込んでくるんじゃないかな。

○12レッドジェニアル
前走の正攻法でサートゥルナーリアを倒しに行ったレースが好感。そりゃ勝負にならなかったが、そもそも向いてない展開だったので仕方がない。京都新聞杯ではロジャーバローズが平均ペースで逃げる中、コーナーの下り坂で勢いを付けて直線伸び切った。今回はヴェロックスが瞬発力勝負にはしないだろうから、上手く坂を利用できればいい勝負ができそう。

▲11シフルマン
楽に逃げられそうなのはプラスだし、馬場が高速まで回復しなさそうなのも良い。とはいえスローに落としすぎてもあっさり飲み込まれて終わるだろうから、じわじわと後続に脚を使わせるような逃げをしてほしい。

△1サダル
関西初なのが不安だし、前走は内枠で完璧に乗って3着なのでそこまで強くないかもしれない。ただし京都の鬼トーセンラー産駒なのでちょっと期待してしまう。

△2ニシノデイジー
弱くはないが、後ろから差を詰めてそこそこ良い着順になるだけの馬。勝浦が乗るならそんなイメージだが、ルメールだとガラッと変わるかもしれないので抑え。

△7ヒシゲッコウ
夏の長距離戦で勝ってきた上がり馬だが、速い足は使えないタイプなので自分から動いて勝ちに行かないといけない。スミヨンは富士ステークスでルメールマークでレイエンダを2着に持ってきたが、この馬では地力で勝ちに行ってほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました