【レース回顧】府中牝馬ステークス

東京 1,800メートル (芝・左 ) 良
1.44.5 46.7 -46.2 +0.5 平均ペース

自信を持ってフロンテアクイーンを買えなくて後悔。走ってるのは機械じゃなく馬なんだから1,2レースくらいやる気無くなることもあるよなあ。

1着 8スカーレットカラー  岩田 康誠
直線に入った時点で後方から2番手で暫く進路を探すも、前が相手からはまとめてぶっこ抜く。進路を探しているL3ハロン目も11.3と全体で加速しており、勢い止めずに済んだのは幸運だった。マーメイドステークスの時もそうだったが、コースロスを嫌う岩田の癖が悪い方に出てる印象。馬は相当強いから不利を受けない方に集中してほしい。

2着 6フロンテアクイーン  津村 明秀
馬群の中団からじわじわ伸びて先に抜け出したラッキーライラック何とか捕まえて2着。陣営曰く最近はズブくなったようで、去年の32秒台の末脚は流石にもう出せないか。
エリ女では高速馬場になりすぎない、内枠を引く、平均ペースくらいに流れると条件が揃えば2,3はあるかなくらいの評価。

3着 15ラッキーライラック  石橋 脩
先行して一瞬いい脚を使うけど最後までは持たない。最近はそんな感じのレースが続いている。一時期のイスラボニータみたいな印象。

4着 4オールフォーラヴ  川田 将雅
好位の内という良い位置を確保するもじわじわとしか伸びず4着。
川田の言っている通り力は出したと思う。重賞で勝負になるにはもう少し馬場が重くならないと厳しいか。

5着 13クロコスミア  戸崎 圭太
普通に先行して直線そこそこ頑張るもL1ハロンで苦しくなり5着。まあこんなもんかって感じのレース。それでいてエリ女では見せ場を作ってくるから油断できない。

9着 5ダノングレース  三浦 皇成
直線で16と3に内外から挟まれて、苦しい追い比べに嫌気が差して途中でレースを投げてしまったように見える。なのでまだ見限れない。

15着 14プリモシーン  福永 祐一
福永は悠長に構えすぎだと思ったが、それにしても負け過ぎなので原因は他にありそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました