【神戸新聞杯】◎サートゥルナーリア

馬場状態:良~稍重(超高速馬場)
展開: ヴィントが逃げそう。この馬はあまり信用できないのでレースの鍵を握るのは2番手につけた馬。ユニコーンライオンかシフルマン。
61-59.0(超スローペース)

馬券を買うレースではないと思う。2強はいいんだが、あと1頭がどれも似たたり寄ったりで展開次第になりそう。

◎3サートゥルナーリア
ダービーでは一旦はヴェロックスを差すものの差し替えされてしまい4着。とはいえ出遅れて外を回してのものなので、今回少頭数でスローペースならこちらの方が上だろう。

○13ヴェロックス
末脚の持続力ならサートゥルナーリアより上だが今回それを活かす展開になるかどうか。自分で捲くってレースを動かせば行けるだろうが、前哨戦でそんな博打を打たない気がする。

△2ユニコーンライオン
ここからは展開次第。ユニコーンライオンは逃げ馬の直後を取ればこの馬が3着筆頭になる。シフルマンに取られてしまうと、瞬発力のないシフルマンを直線で捌かないといけないのでちょっと難しくなる。

△4レッドジェニアル
地力は3番手筆頭。とはいえ明確な強みがある馬ではないので、中団からじりじりとしか伸びず4着以下になる可能性も十分にある。

△8ワールドプレミア
切れる脚は無いがそこそこ良い足を長く使える。賞金的に他より厳しいので権利取りの本気度という点では一番怖い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました