【レース回顧】新潟2歳ステークス

新潟 1,600メートル(芝・左 外) 良
1.35.0 49.1 – 45.9 +3.2 超スローペース

朝まで稍重だったくらい水分を含んでいたのでタイムはそれほど伸びず。ペースは超スローだがスプリンターは小倉に行くので毎年こんなもん。

1着 6ウーマンズハート  藤岡 康太
下馬評通りの強さで差し切り勝ち。新馬戦では大きくよれていたのでやや不安だったが、今回はむしろペールエールがよれてきて迷惑を受けた方。
平均以上のペースになった時どうなのかという点以外、何も言えない強さ。

2着 13ペールエール  M.デムーロ
直線ややよれるも好位から力強く差してきて力は見せた。馬場が重めだったのが有利に働いたとは思うが、パンパンの馬場でも普通に通用する感じがする。

3着 7ビッククインバイオ  大野 拓弥
頭一つ抜け出す絶好のスタートから2番手で折り合うという完璧な競馬。これ以上は望めないと言っていい。

4着 2クリアサウンド  松山 弘平
好位の内でちょっとかかり気味だったものの許容できる範囲。直線は内に入れるも伸びきれず。
もっと重い馬場の方が良かったか。使える脚もそれほど長くなさそうに見えた。

8着 11モーベット  福永 祐一
道中ずっとかかりつつ、位置取りを下げるひどい競馬だったので実力を出せていないのは確か。しかしオルフェーヴル産駒、藤沢厩舎。あまり信用できる馬ではない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました