【レース回顧】レパードステークス

新潟 1,800メートル(ダート・左)
1:51.3  47.1ー51.2 -4.1 超ハイペース

多少は早くなると思っていたけど、これ程とは予想できなかった。前に行く馬の大半が逃げ先行両方こなせるの馬の場合、譲り合ってスロー気味になる時と、譲らずハイペースになる時と予想ができなくて困る。

1着 6ハヤヤッコ  田辺 裕信

ハイペースが上手くハマった。弱い馬だとは言わないが、じゃあ次走狙えるのかというと展開次第としか言えない。

2着 10デルマルーヴル  吉田 隼人

前の馬を捕まえるべく、3コーナから早めに動いていったが今回のペースを見るとちょっと早かった。しかし勝つ寸前まで粘ったわけで、総合するとこの馬が一番強かった。

3着 9トイガー  宮崎 北斗

ハヤヤッコよりちょっと早めに動いて、直線は内を上手く捌いて伸びてくる。しかし途中から脚色が他と同じになり3着まで。こちらもハヤヤッコと同様展開が味方になった。

5着 13サトノギャロス  川島 信二

先行馬として唯一残った馬。強いのは間違いないが、普段走ってる短距離と今回の超ハイペースが微妙にマッチした可能性もある。次に中距離にでて平均ペースくらいだったときが試金石になりそう。

6着 4ヴァイトブリック  戸崎 圭太

3コーナーではデルマルーヴルのすぐ外につけていい感じだったのに、4コーナーでちょっと窮屈になったり、前をカットされたりして直線ではかなり離される。そこからじわじわ伸びて6着。前走程ではないが今回も微妙に不利を受けた。ただ、そもそもあまり強くないかもしれない。

11着 15ビルジキール  内田 博幸

いつも4コーナーで一旦気を抜いて、直線伸びるんだけど今回はコーナーも直線も良い所なし。まあペースを考えれば仕方がないわけで、このレースだけで福島専用の馬なのかどうか断言はできない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました