【レース回顧】アイビスサマーダッシュ

新潟 1,000メートル(芝・直) 良
0:55.1  22.1-22.5 -0.4 平均ペース

反省点はライオンボスの韋駄天ステークスを強いと評価してるのに、その2着のカッパツハッチに全く触れてなかった点。実際怖かったんだけど印が回らなかった。
レース半ばで相手候補の2,7,9が、後方の内側で馬体をぶつけ合って喧嘩してるのを見て、これはもう外れだなって諦めた残念なレース。

1着 11ライオンボス  田辺 裕信

乗り替わりがちょっと不安だったが普通にスタートをしてきっちり外ラチ沿いを確保してくれた。良い騎乗だったと思う。タイムがやや遅いのは夜に雨でも降ったのか。

2着 3カッパツハッチ  丸山 元気

韋駄天ステークスと全く同じように食い下がって2着確保。内枠+周りのレベルアップでどうかと思ったが、上手くクリア。

3着 16オールポッシブル  津村 明秀

これを拾うのは難しい。外枠な点、ダートの短距離で先行実績がある点くらいしかアピールポイントが見つからない。

6着 2ダイメイプリンセス  M.デムーロ

枠と道中のチグハグなレースっぷりから厳しい展開ではあったが、最後はそこそこ伸びていた。そのうち復活しそう。

7着 7カイザーメランジェ  江田 照男

2と9に挟まれなければもっと伸びていたと思う。それでも5,6着くらいだろうけど。前半で脚を使わないことが大切で、位置取りは融通の効く面白い馬だと思うので人気が出ないならまた狙いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました